気の向くままに

ヒゴタイ

久住飯田高原のタデ原湿原。
今ヒゴタイが盛りである。キク課の多年草で瑠璃色の小さな花弁が球状に丸まって咲いている。
和名がまた難解で平江帯と書く。
貴重な植物で西日本では広島県の一部と九州の久住飯田高原、久住高原の一部とか湯布岳の手前飯盛ケ城、倉木山位
しか見られない。タデ原湿原にはそのほか白髭草、小鬼百合、沢千鳥、アケボノ草、シモツケ草なども目を楽しませてくれる。
b0155776_2213064.jpg

b0155776_22192959.jpg
b0155776_22194950.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2015-08-28 22:20 | | Comments(6)
Commented by fujishiro32 at 2015-08-28 23:32
名前もともかく鮮やかな色合いですね。
Commented by yamanokodama at 2015-08-29 19:58
ウタちゃん今晩は。
緑の草原に散らばって咲く瑠璃色の丸い球が風に吹かれてゆらゆらと揺れるのが
結構画になり癒されます。特に飯田高原の蓼原湿原は久住の山々の登山口に広がり
素晴らしい景色です。
Commented by aturin88 at 2015-08-31 10:27
おはようございます。 飯田高原にもあるのですね~~ぇ 知らなかった(。。)
何年か前阿蘇のヒゴタイ公園に行きましたが。時期が悪く見る事が出来ませんでした。
梅鉢草だけ・・残念でしたがこんなに鮮やかな色で咲くのですね。  正に瑠璃玉薊ピッタリです。
Commented by yamanokodama at 2015-08-31 22:16
aturinさん長者原の蓼原湿原のヒゴタイは時期的な原因もあるかと思いますが
ヒゴタイ公園のヒゴタイよりも色が濃くて鮮やかでした。
蓼原湿原はビジターセンターから入って直ぐに群がって咲いていました。
Commented by tabihart at 2015-09-01 11:57
湿原に自然に咲くヒゴタイ素晴らしく美しい瑠璃色が鮮やかで
うっとりしますね。こちらでも六甲の高山植物園で数は少ないですが
色鮮やかに咲きます、今が咲き頃かと
Commented by yamanokodama at 2015-09-01 23:06
旅りんさん今晩は。
ヒゴタイは関東以西にしか存在しない植物だと最近知りました。
蓼原湿原も元は人口的に種を蒔いたらしいのですが今は自生と
して久住連山の雄大な裾野で立派に育っています。
あの鮮やかな瑠璃色の玉はほんとに幻想的です。