気の向くままに

カテゴリ:風景( 81 )

2014年の日の出

何年振りかで鳳翩山での日の出を迎えようと午前5時50分二ツ堂登り口から取り付いた。
案に相違して他に登山者はおらず真っ暗な闇の中をヘッドランプを頼りに独り黙々と登った。
頂上に着いた時丁度太陽が姿を現し始めたので慌ててカメラを取り出し撮影に取り掛かった。

b0155776_15165664.jpg


b0155776_1517211.jpg


b0155776_15174295.jpg


b0155776_15175373.jpg


b0155776_1518778.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2014-01-02 15:32 | 風景

秋吉台の草紅葉

秋吉台の草原も見渡す限り燃えるような草紅葉に染まっていた

b0155776_21445421.jpg


b0155776_2145421.jpg


b0155776_21451320.jpg


b0155776_21452382.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2013-12-08 21:46 | 風景

紅葉の見納め

    夏の異常気象の影響で心配された紅葉も蓋を開けてみれば致命的な影響もなく
    例年通りの見事な紅葉に彩られ、紅葉見物も満足の内にそろそろ見納めの
    時期を迎えたようだ。今日写真仲間の写真展の招待で下関の長府庭園を訪れた。
    園内での写真展も見応えがあったが、庭園の見事さにも目を奪われた。

b0155776_18414758.jpg

                   長府庭園は明治時代長府毛利藩の家老格・西運長の屋敷跡を下関市
                   が整備し1993年に開園した庭園で重厚な回遊式庭園が見事である。
b0155776_1842063.jpg


b0155776_1842745.jpg


b0155776_18421611.jpg


b0155776_18422545.jpg


b0155776_18423255.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2013-11-29 18:55 | 風景

紅葉の大寧寺

     長門市深川の大寧寺も紅葉の名所として紅葉目当ての観光客で賑う。
     戦国時代山口を拠点に周防、長門、石見に九州の豊前、筑前を治めた
     守護大名大内氏の終焉の地である
b0155776_9513168.jpg

                 正式名称は瑞雲萬歳山 大寧護国禅寺と称し曹洞宗の古刹。
                 県の重要有形文化財である。
b0155776_9514747.jpg

                紅葉は今日あたり一番の見頃です           
b0155776_952274.jpg


b0155776_9523734.jpg


b0155776_9524823.jpg

                 大内31代義隆は重臣陶晴賢らが反乱により山口から
                 此処大寧寺に逃れ自刃した。
b0155776_952561.jpg

                 
b0155776_953750.jpg

                 隣接する豊川稲荷の参道も見事な紅葉に埋まる
b0155776_9532310.jpg

                 盤石橋。 自然石の組積みによって作られた突桁式工法
                 による石橋で防長三奇橋のうちの一つ
b0155776_9534016.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2013-11-26 10:40 | 風景

冠雪の久住

 紅葉見物の最後は久し振りに久住飯田高原に寄り道。
久住の山々は既に薄っすらと雪化粧をしていた。
   <本編はHP「旅のつれづれ」にて>

b0155776_20332753.jpg

  九酔渓から飯田高原に向かう途中で眺めた硫黄山の噴煙

b0155776_20371131.jpg

  薄っすらと雪をかぶる三俣山

b0155776_20413773.jpg

  冠雪の久住連峰
[PR]
by yamanokodama | 2013-11-24 20:43 | 風景

九酔渓の紅葉

 一目八景を後にして引き続き九酔渓に向かう。
 十三曲りの終点桂茶屋の展望台からの紅葉は耶馬溪より少し高地のせいか
 少し紅葉の盛りは過ぎた感じだった。(本編はHP「旅のつれづれ」にて)

b0155776_20252222.jpg
 

b0155776_20254856.jpg


b0155776_20265556.jpg
 

b0155776_2027645.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2013-11-24 20:28 | 風景

紅葉の深耶馬溪

  深耶馬溪の一目八景。
  2,3日前の突然の寒波で紅葉は半ば諦めながら出かけたが
現地に着いてみると結構紅葉は残っていた。
(本編はHPの「旅のつれづれ」にて)

b0155776_207820.jpg

 一目八景の主、観音岩の紅葉

b0155776_2071942.jpg

  観音岩と群猿岩をつなぐ夫婦岩

b0155776_2072844.jpg

  観音岩と並び立つ群猿岩

b0155776_2073813.jpg

  燃えるような紅葉 
[PR]
by yamanokodama | 2013-11-24 20:16 | 風景

秋の風情

 久々に近くの里山に登った。
 登山口の傍のため池が静かに秋の風情を演出していた。

b0155776_10185629.jpg


b0155776_1019474.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2013-11-10 10:21 | 風景

大岩郷

 宇部市の天然記念物吉部の大岩郷と万倉の大岩郷を
 見に行った。一説によると大地震で山崩れがおこり、岩石
 を堆積させたらしい。

b0155776_17101027.jpg
 
 吉部の大岩郷

b0155776_17103381.jpg
 
 岩郷(いわごう)とは大きな岩塊が累々と堆積している石海のことである。
 岩の大きさは最大で直径4mもあり、面積は約3haに亘って広がっている。
b0155776_17105260.jpg
 
 万倉の大岩郷

b0155776_1711832.jpg
 
 吉部の石海より規模が大きく、標高320m~380m,山腹の平均傾斜は
 約16度、幅30m~40m長さは約110m余りである。岩塊の大きさは
 直径1m~7mに及ぶ。
[PR]
by yamanokodama | 2013-10-24 17:25 | 風景

平尾台

 連休の中日、自然観察会の仲間とたまには他所の草原も歩いてみよう
ということで、北九州の平尾台に遠征した。此処のカルスト台地の石灰岩
 は秋吉台の石灰岩と違って角が滑らかで丸っこい。それに高低差も結構
 きつくちょっとしたトレッキングコース並だ。

b0155776_1126071.jpg
  
 かすかに色づくカルスト台地

b0155776_11261296.jpg

 石灰岩の群れ

b0155776_11262294.jpg

 丸っこい形状のピクナル

b0155776_11263239.jpg

 展望も素晴らしく、周防灘の向こうに国東半島が霞んで見える。
[PR]
by yamanokodama | 2013-10-17 11:38 | 風景