気の向くままに

カテゴリ:自然( 29 )

秋芳洞

何十年ぶりかで秋芳洞内に入った。
相変らず素晴しい自然の造形に心を奪われたけれど何か昔と比べて
神秘性が薄れているように感じた。
b0155776_15221416.jpg
b0155776_15223135.jpg
b0155776_15224779.jpg

b0155776_1525505.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2009-10-27 15:26 | 自然

うろこ雲


珍しく爽やかな朝だった。
丸みを帯びた小さい塊状の白い雲が、小石を並べたように空一面に美しく広がっていた。
気象用語では巻積雲、通常うろこ雲という。 雲のなかでは最も美しい雲だ。
観天望気からいうと天気の変わり目に現れるというから暫らくは爽やかな秋空が続くだろう。
b0155776_21551585.jpg


b0155776_21552838.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2009-08-26 21:56 | 自然

初日の出

新年お目出度うございます。
いよいよ2009年の幕開けです。
年改まったとは言え昨年に引き続き波乱万丈の年となる
のは避けられませんが、前向きにこの一年家内安全を
祈りつつ平穏に過ごしたいものです
初日の出にサンピラーも華を添えてくれました。
b0155776_856581.jpg
b0155776_8573440.jpg
b0155776_858443.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2009-01-01 08:59 | 自然

秋の名残り

何時の間にか秋から冬の移ろいに装いが変わってきた。
久し振りに街の中心部にある公園を歩いてみた。
そこにはまだ秋の名残が忘れたように取り残されていた。
b0155776_20121847.jpg
b0155776_20122683.jpg
b0155776_20123740.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2008-12-11 20:27 | 自然

霧の朝

[今朝は凄い濃霧だった。
30m先が霞んではっきり見えないくらいだった。

b0155776_22404657.jpg

露に濡れて反射する蜘蛛の糸がちょっとした造形美をかもし出していた。


b0155776_2241548.jpg

何とも不思議な写り込みになった。


b0155776_22412815.jpg

露に光る柿の小枝が熟した柿の実をひきたていた
[PR]
by yamanokodama | 2008-11-25 22:18 | 自然

紅 葉

秋の色はやはりもみじの赤色だなぁ。
b0155776_1320975.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2008-11-10 13:33 | 自然

かげろう(蜻蛉)

今朝日課のウォーキングのため近所の川土手に上がったら
防犯灯の下が真っ白くなっていた。何だろうと近づいてみたら
なんと蜻蛉の死骸の山だった。こんな光景今まで見た事もない。
何かの前兆だろうか?
b0155776_11372650.jpg

b0155776_11374517.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2008-09-06 11:40 | 自然

ヒゴタイ

      大分県の由布岳のヒゴタイを観賞に行ってきた。
      ちょうど見頃で瑠璃色のネギ坊主のような花が草の間からニョキニョキと
      頭を覗かせていた。菊科の多年草で近年絶滅の危機にあり環境省の絶滅
      危惧IB類に指定されている。大分県の由布岳も極一部の場所にしか自生
      していない。こんな貴重な花も自分本位の心ない登山者による盗掘や採取
      が間々あるらしい。                                    
b0155776_913392.jpg

b0155776_1184130.jpg
  
b0155776_9103579.jpg

      この花は群生しない。1本1本独立して咲くのが特徴である。
b0155776_21201022.jpg

      由布岳から眺めた湯布院の町。
b0155776_21211824.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2008-08-22 21:24 | 自然

渓流

b0155776_730262.jpg
b0155776_730454.jpg

[PR]
by yamanokodama | 2008-07-14 07:30 | 自然