気の向くままに

上高地

最近何かと雑用に追われカメラ携えて出かける機会がない。
そこでちょっと手抜きをして二番煎じではあるがこちらのページにも山の写真を載せて
お茶を濁すことにした。たまには雰囲気を変えてみるのもよいかな?

b0155776_21145630.jpg

 上高地の顔である大正池も流れ込む土砂などで年々狭くなってきた上シンボルの
 立ち枯木までもだんだん姿を消している。

b0155776_2115267.jpg

  嘉門次小屋。
上高地の猟師、上條嘉門次は日本近代登山の父、W・ウエストン夫妻の山案内人として
知られる。現在は食堂として登山者の人気を保っている。

b0155776_21154811.jpg

神秘的な明神池の景観

b0155776_2116084.jpg

小説「氷壁」の舞台として登場する山荘徳沢園の前にハルニレの大木が立ち並び
メルヘンチックな雰囲気が漂うキャンプ場
[PR]
by yamanokodama | 2009-04-28 21:40 |