気の向くままに

三角洞の蝙蝠

秋吉台エコミュージアム企画で美東町の三角洞(ミスミドウ)に生息するこうもり
の生態観察会に参加。現地に行く前に館内の研修室でコウモリの種類や生態
に関する簡単な講義があった。
洞内ではキクガシラコウモリ、モモジロコウモリ、テングコウモリが目下冬眠中。

b0155776_10122152.jpg

  三角洞は景清洞の裏手にある横穴で此処も天然記念物に指定されている
b0155776_10505357.jpg

  洞入口
b0155776_10511275.jpg

 洞の深さは400m程度あるそうだが一般に行けるのは50m程度のようである
b0155776_10513065.jpg

  天井にぶら下がるキクガシラコウモリの群れ
b0155776_11375347.jpg

  11月頃から3月頃は冬眠の時期だそうだ
b0155776_1139071.jpg

  岩肌を爪でつかんで逆さにぶら下がり、子供を産む時もこの姿勢で産む
b0155776_11394144.jpg
 
  岩の割れ目に潜り込んで眠るテングコウモリ。山口県絶滅危惧種。
[PR]
by yamanokodama | 2014-01-13 11:43 | 生き物