気の向くままに

古刹探訪

山口市宮野下の清水寺(せいすいじ)は約1200年前に建立されたお寺で
山口盆地では最も古い寺とされる。先手観音菩薩を本尊とする真言宗の寺。
その山門を守る金剛力士像は県下でも数少ない仁王像で山口県指定有形文化財である。
山門に向かって右側が口を開いた阿形(あぎょう)、左側が口を閉じた吽形(うんぎょう)
ともに榧材の一木造りで、堅一材から掘り出し内刳(うちくり)はなく眼は玉眼である。
阿吽の呼吸というのはこの一対の仁王像から始まったようだ。

b0155776_18251075.jpg
b0155776_18335055.jpg


b0155776_18380762.jpg
b0155776_18303308.jpg
b0155776_18315423.jpg
                                    

[PR]
# by yamanokodama | 2014-03-21 19:31 | 風景

追加の山焼き

16日の日曜日に先月行われた秋吉台の山焼きで焼け残ったケ所を改めて焼き尽くす。

b0155776_15321994.jpg

今年は長者ケ森一帯の焼け残りを焼いた

b0155776_15322797.jpg

焼け残りはバラバラで広範囲に散らばっているので刈り集めては
纏めて焼くので結構大変

b0155776_15323728.jpg

「秋吉台の自然に親しむ会」+「秋吉台草原ふれあいプロジェクト」で総勢20名
で約4時間。結構焼け残り跡はすっきりした

b0155776_1532461.jpg

長者ケ森の藪椿が今花盛りで我々をねぎらってくれた(*^_^*)

b0155776_15325581.jpg



b0155776_153385.jpg



b0155776_15331712.jpg

[PR]
# by yamanokodama | 2014-03-18 15:47 | 歳時

早春の花巡り(1)

春を告げる早春花の主役 庄原市総領町のセツブンソウ

b0155776_2112594.jpg

総領町の山裾に7ケ所点在して群生する

b0155776_2113335.jpg

セツブンソウは日本固有の野草で節分の頃から咲き始める

b0155776_2114381.jpg

透き通った白い花弁が繊細で気品さえ感じる
[PR]
# by yamanokodama | 2014-03-10 21:21 |

早春の花巡り(2)

庄原市総領町に自生する春の使者

b0155776_192121.jpg

雪解けの頃に咲き出すセリバオウレン、 春の訪れを告げる花の一つ
b0155776_19213225.jpg

小さくても精一杯自己主張している
b0155776_19214215.jpg

キンポウゲ科で芹の仲間だそうで花には雄花と両性花(まれに雌花)がある
b0155776_19535874.jpg

幸せを招く黄色い花 福寿草
b0155776_19542095.jpg

束の間の日差しに不安げに蕾を開いていた
b0155776_19543198.jpg

[PR]
# by yamanokodama | 2014-03-10 20:02 |

早春の花巡り(3)

春の弥生は草花の目覚める季節 三次市吉舎(キサ)町

b0155776_18355837.jpg

自生のユキワリイチゲ

b0155776_18573484.jpg

吉舎町の白いユキワリイチゲは珍しい

b0155776_18575192.jpg

[PR]
# by yamanokodama | 2014-03-10 19:16 |

秋吉台の山焼き

2月22日の日曜日、春の先駆け恒例の山焼きがおこなわれた。

b0155776_1510090.jpg

 花火を合図に順次火付開始
b0155776_15102236.jpg

 一旦火が付くと紅蓮の炎が舞い上がる
b0155776_15103536.jpg

 草原を舐めるように燃えつくす炎
b0155776_15104529.jpg

 赤い炎は白い煙と黒い台地に早変わり 
b0155776_1510542.jpg

 風は南西の弱い風で、勢いよく燃えたとはいえなかったが、それでも3時間余りで
 ほぼ黒い台地と化した。午後7時からは「夜の祭典」に舞台は移る。
[PR]
# by yamanokodama | 2014-02-23 15:59 | 歳時

秋吉台夜の祭典

昼の山焼きの後、残しておいたカルスト台地のほぼ中央、若竹山周辺を夜7時
から改めて焼き尽くす。

b0155776_15415135.jpg

 火付の前にまず「火の女神」が登場。
b0155776_154203.jpg

 火を点ける地点まで続く松明に灯を灯す。 
b0155776_15421176.jpg

 ようやく夜の祭典の始まり
b0155776_1542207.jpg

 暗闇に浮かぶ炎は昼間より勢いも良く迫力もある
b0155776_15423050.jpg

 幻想的な炎の波 
b0155776_15424552.jpg

 燃え上がる炎の向こうに「火」の文字が浮かぶ。 
b0155776_15425399.jpg

 1時間程で今年の山焼きも無事終了 
[PR]
# by yamanokodama | 2014-02-23 15:55 | 歳時

冬の北長門海岸

   冬の北長門海岸は厳しい表情を見せる

b0155776_1410337.jpg

 本州最西北端の北長門川尻岬

b0155776_14104548.jpg

 竜宮の潮吹き  北東風が強い冬場のしけの日だけに見られる 
[PR]
# by yamanokodama | 2014-02-09 14:49 | 風景

薩摩富士(開聞岳)寸描

薩摩半島の第22回いぶすき菜の花ウォーク(25kmコース)に参加。
薩摩富士で知られる開聞岳(924m)を眺めながら菜の花咲き乱れる
指宿の里を歩いた。翌日はその開聞岳の頂上に2年振りに足跡を残した。
                      <本編はHPの「旅のつれづれ」に>

  
b0155776_13454375.jpg

  主会場のフラワーパークがスタート・フィニッシュ場所 
  
b0155776_13462569.jpg

  大会の目玉、満開の菜の花咲くコースを前景に眺める薩摩富士

b0155776_13485334.jpg

  ビロウ樹並木のコースから眺める薩摩富士

b0155776_1351258.jpg

  街路樹の蘇鉄越しに眺める薩摩富士

b0155776_1433684.jpg

  最後の折り返し点長崎鼻の竜宮神社から眺める薩摩富士

b0155776_146233.jpg

  フィニッシュ地点目前のコースから眺める最後の薩摩富士
[PR]
# by yamanokodama | 2014-01-28 14:11 |

三角洞の蝙蝠

秋吉台エコミュージアム企画で美東町の三角洞(ミスミドウ)に生息するこうもり
の生態観察会に参加。現地に行く前に館内の研修室でコウモリの種類や生態
に関する簡単な講義があった。
洞内ではキクガシラコウモリ、モモジロコウモリ、テングコウモリが目下冬眠中。

b0155776_10122152.jpg

  三角洞は景清洞の裏手にある横穴で此処も天然記念物に指定されている
b0155776_10505357.jpg

  洞入口
b0155776_10511275.jpg

 洞の深さは400m程度あるそうだが一般に行けるのは50m程度のようである
b0155776_10513065.jpg

  天井にぶら下がるキクガシラコウモリの群れ
b0155776_11375347.jpg

  11月頃から3月頃は冬眠の時期だそうだ
b0155776_1139071.jpg

  岩肌を爪でつかんで逆さにぶら下がり、子供を産む時もこの姿勢で産む
b0155776_11394144.jpg
 
  岩の割れ目に潜り込んで眠るテングコウモリ。山口県絶滅危惧種。
[PR]
# by yamanokodama | 2014-01-13 11:43 | 生き物